• 全て
  • 介護求人
  • 介護施設
  • 自宅介護
  • 介護保険
介護 > 自宅介護 > 増加するシングル介護!介護とお金をクリアするポイント

増加するシングル介護!介護とお金をクリアするポイント

2015年3月27日
pixta_2037891_S

シングル介護の本当のこわさ

介護現場の問題は、従事する側の問題だけではありません。介護を考える家族にもたくさんの軋轢が襲っています。

シングル介護、という言葉をご存知でしょうか。
独身の人が、両親の介護をするケースです。

シングル介護の問題もやはり、ストレスを介護側が抱え込んでしまうケースです。

 

介護中心生活の矛盾

多いのは、

「介護の為に仕事を変えた」
「介護の為に住む場所を変えた」
「介護の為にライフスタイルを介護に合わせた」

という介護中心の生活にシフトしてしまうケースです。

一見合理的、そして一般的な行動と見えるかと思いますが、これらは大きなリスクばかりです。

お金のかからない近道は、健康な立場の人間が要介護側に合わせる事かもしれませんが、長期的にみてリスクが大きすぎるのです。

そんな決断を、独身の方には迫られやすいのも現代の風潮として問題視されています。

ある方は、介護の為に、せっかく掴んだ正社員の道を捨てて、お母様の住む田舎の派遣雇用を選びました。

恐ろしいのは、それを至極当然の美談であるかのように、家族や本人が望んだ事です。

その方のご兄弟はみんな結婚しており「お前は独身で気楽なんだから適任だ」などといって説得したそうです。

こんな、なんの解決にもならない理屈を通すことが、本当に人生なのでしょうか。

介護する為に生まれた人生だったのでしょうか。結婚した人がそんなに大変なのでしょうか。

 

その場しのぎのキレイ事で人生を変えてはダメ

こうした決断をしてしまった彼女は、いつ終わるのかわからない介護中心の生活と共に、変えた職場と時間のやりくりに悩んでいます。

仕事を変えた理由や条件のせいで、生活はむしろ困窮したそうです。

本当に合理的なのは、自分の人生で出来る最大限の努力を、まずは医療制度や自治体、サービスの情報といかに照らし合わせたか、です。

介護する側がいかに快適に、長期的に過ごせるかを考える事が最大の極め手になるのです。

「お前は独身で気楽なんだから」という理屈の矛盾に気づき、生活を変える前に解決できる方法を模索しましょう。

『介護』についてもっと知って頂くためにも、拡散/共有をお願いしますm(_ _)m


ぜひ公式アカウントにも「いいね!」をお願いします!

関連記事

ページトップへ