• 全て
  • 介護求人
  • 介護施設
  • 自宅介護
  • 介護保険
介護 > 介護施設 > 知っておくべき「ペット介護」後悔しないための極意

知っておくべき「ペット介護」後悔しないための極意

2015年3月25日
pixta_10043382_S

愛するペットを病気やケガから守るには

ペットが病気やケガになった場合、どうなるのか、意見を交わす機会が多くなりました。

ペットは今や家族の末端ではなく、中心になりつつあります。

ペットロス、という言葉があるように、飼い主の心と身体のバランスを担っているのです。

 

ペット介護の大変さ

ペットの病気、といっても、原因や傾向は様々です。内科や外科に関わる事から、年齢に因る疾患も挙げられています。認知症や生活習慣病、または骨折など、挙げだしたらキリがありません。そして、その通院や闘病は、壮絶なものです。

糞尿の世話はもちろん、温度や湿度ばかりでなく、声かけや監視でケガを防ぎ、ストレスを与えないようにする必要があります。

中でも大変なのが、私生活との両立です。通院や介護のおかげで睡眠不足が減り、愛するペットの痛ましい姿に食欲や意欲が減り、仕事や日常生活に与える影響が大きいのがペットの介護です。

そして、まだまだ理解が社会に浸透していないため「ペットの介護なんか」と軽視される風潮が飼い主さんを追いつめているのです。

そんな中には、転居や起業という一代決心をして、自分でペットの介護を行う方もいらっしゃいますが、そんな事ができる飼い主ばかりではないのが現実です。

 

だから充実してきた「ペット介護サービス」

私が助けてあげなくちゃ!!という使命感で、介護に望む方も多いですが、自分の限界ギリギリまで介護をがんばってしまう飼い主さんも多いようです。

ペットの不調に因る心労とノイローゼ、うつ病等も深刻な問題となっています。

そこで、ペットの為の医療やサービス、保険制度等がどんどん考案されています。
飼い主さんには、追いつめられる前に、何かに頼る勇気も必要とされています。

そして、頼る勇気をもって悩みを解消しようとする飼い主さんを支持する試みやサービスも増えました。

温泉浴付きのドッグランや、仕事先からでもペットの様子が見られるようなペットの監視システム、ケガを防ぐペットの為の住まいリフォームプランや、もしもの時の医療費を負担してくれるペット保険など。

医療現場では多種多様な動物のライフバランスを診察できるクリニックが増えました。

また、ペットの飼い主同士でもネットを使った情報交換や意見交換に因るストレスケアやアイデアを共有できるようになっています。

ペット介護の一番の極め手は、悩まず抱え込まないことが重要なのです。

『介護』についてもっと知って頂くためにも、拡散/共有をお願いしますm(_ _)m


ぜひ公式アカウントにも「いいね!」をお願いします!

関連記事

ページトップへ